HOME » Blog 女性のためのキャリアプランニング授業 » » 【用語解説】育児休業

Blog 女性のためのキャリアプランニング授業

【用語解説】育児休業

2015.07.03|

用語解説

【育児休業】

1歳未満の子どもを養育する労働者が取得できるお休みです。男性(パパ)も取得できます。女性の場合は産休の終了後から育児休業になります。保育園の入園審査に落ちてしまって子どもの預け先が見つからないなどの事情がある場合は、6ヶ月の延長が可能です。

また、育児休業は正社員でなくても、次の要件を満たせば、契約社員やパート、アルバイトなどの非正規社員でも取得することができます。

  1. 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  2. 子どもの1歳の誕生日以降も雇用されることが見込まれること
  3. 子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新 されないことが明らかでないこと